日本全国どこでも
【全品】送料無料 キャンペーン中
よくあるご質問(FAQ)▶︎

店長ブログ

2019/07/12 13:39

[A]ざっくり言うと「オイル=飲む用」「リキッド=吸う用」です。

確かにわかりにくいですよね。

CBD(カンナビジオール)自体はご理解いただけている前提でご説明しますと、まず一般的に、CBD製品の総称を「CBDオイル」と呼ぶことが多いです。 


当ショップも様々なタイプのCBD製品を扱っておりますので「人生100年時代にCBDオイル」と総称の意味合いで「CBDオイル」というワードをサイト名につけています。 

一方、CBD製品を分類する上で「摂取方法」で分ける場合があるのですが、その際よく登場するのがこの「オイル」と「リキッド」です。 

下記に簡単にまとめてみました。

■CBDオイル 
スポイトでそのまま飲んだり、MCTオイルやエゴマ油のように食事やドリンクに混ぜたりする経口摂取のタイプです。 

オリーブオイルやココナッツ(MCT)オイルやヘンプオイルなどのキャリア(ベース)オイルにCBDを混ぜているケースが大半です。 

■CBDリキッド 
電子タバコ用リキッドとして、専用の器具(ヴェポライザー)に液体を注ぎ、加熱して発生する蒸気を吸引して摂取するタイプです。 

こちらは、PG(プロピレングリコール)やVG(植物性グリセリン)にCBDを混ぜているケースが多いです。 

タバコといっても、健康サプリなので、ニコチンやタールは含まれず、風味もフルーティなものまで様々。

元々喫煙しない方の利用者もおりますし(何を隠そう私もです💦)、また禁煙目的でタバコからCBDリキッドに切り替える方も増えています。

なお、当ショップでは使い捨てタイプのリキッドも取り扱っています。

ヴェポライザーをお持ちでない方は、オーガニックCBDの(OrganiCBD)のCBDベイプペンから、チャレンジしてみてください。

■効果の違い
CBDの含有量は同じという前提で申し上げると、即効性や持続時間に違いがあります。

また身体への吸収効率はCBDリキッドの方が高いと言われています。

・CBDオイル:即効性が弱い反面、持続時間が長いので睡眠前に摂取したい方向けです。
・CBDリキッド:即効性がある反面、持続時間が短いので日中のアクティブな時間に摂取したい方向けです。

商品をお求めの際は、下記よりご覧ください。 

▼メニュー「摂取方法で選ぶ」>飲む(オイル・チンキ) 

▼メニュー「摂取方法で選ぶ」>吸う(リキッド) 

〒106-0045 東京都港区麻布十番1-2-7 ラフィネ麻布十番701
E-mail:https://thebase.in/inquiry/cbdlibrary-base-shop(専用問い合わせフォーム)